[PR]保険営業・初対面でもお客さんが身を乗り出して話しを聞いてくれる魔法のセールストーク

生命保険のGNPとは?


生命保険のセールスレディの販売手法を皮肉って「GNPセールス」と言われることがありました。

GNPの「G」は義理、「N」は人情、「P」はプレゼントという意味です。

しかし僕は、このGNPセールスを否定しません。
意味を履き違えていなければ、の話ですが・・・。

詳しくはまたいずれ話します。

ちなみにフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によるとこんな説明がなされています。
う〜ん。ひどい言われよう・・・

実際の保険契約は自発的に加入したというものはまれで、勤務先で外交員から勧誘されるままに入ったり、親類・友人・知人などの紹介や勧誘で加入したというケースが多い。そのため、契約書を読まない、読んでも内容を理解していない、といった事例があとを絶たない。

契約者の側には

生命保険に関する知識を得る機会が少なく無関心である
それゆえ、外交員の言いなりに保険に加入し、自分が契約した生命保険の内容についての認識が殆どなく、その保障期間や金額・保険金の受け取り条件・一定の年齢で保険料が上がることなどを知らずにトラブルになることもある。
外交員の側には

ノルマが厳しく、離職率も高い。それ故にきちんとした知識を持った外交員を育てることが難しい
長年、俗に言われる「GNP営業」(G:義理・N:人情・P:プレゼント)で勧誘してきたこともあり、特に女性外交員の社会的地位は大変低く、モチベーションを維持することが難しい
などの問題が指摘されている。保険会社の方でも、この問題を解決しようと対策に乗り出しているが、実効は上がっているとは言い難い。トラブルにならないようにする為にも、まず基本的な生命保険の種類とそれぞれの特徴を理解し、自分にとっての「必要性」を検討すること、また、外交員にきちんと納得がいくまで説明を求めるなどの必要がある。

また、こと生命保険においては、募集人や代理店に支払われる募集手数料が高額であり、悪質な募集人や代理店はこれを得るために、違法行為となりうる特典(保険料の立て替えなど)を付与したり、不必要な契約を迫ってくることも実際にあり、何の疑いも無く募集人の言うがままに保険に加入してしまうと最終的に契約者自身の首を絞めてしまう可能性がある。こうした危険から身を守るためにも、募集人の話は鵜呑みにせず、その募集人とは何ら関連性の無い別の方法を用いてしっかりと調べておくことが推奨される。





2005.11.28

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!
タグ:GNP

 



このページのトップへ▲このブログのトップページへ

生命保険に加入する前に読むブログ コンテンツ一覧


  スポンサーリンク
  保険営業 セールストーク
  保険営業 成功
  保険営業 紹介
  生命保険営業 紹介入手

  生命保険は義理人情
  生命保険加入における「義理」って?
  生命保険のGNPって?
  生命保険加入は真の友達から
  生命保険加入における義理人情は信頼関係があってこそ
  生命保険加入とお願いセールス
  生命保険と顧客満足
  新人保険外務員にありがちなこと

  生命保険を販売する立場を知る
  生命保険をセールスする側と受ける側の心理
  生命保険セールスマンの4つのタイプ
  生命保険のセールスマンもやってますよ!ライフプランニング
  生命保険のセールスマンが感謝されるとき
  生命保険業界にやってくる偽者のトップセールスマン
  生命保険と「類友」
  生命保険の腰抜けセールス
  生命保険と長生きのリスク
  生命保険会社を見極める
  生命保険外交員不要論
  生命保険と販売手数料
  節税対策−長期傷害保険が網にかかった不思議
  生命保険会社を儲けさせる事例
  キャッシュフロー重視で終身保険加入?
  法人向け保険から個人向け保険へ
  生命保険営業と人間の成長
  生保外務員の同行訪問
  生命保険営業マンと嘱託医

  生命保険の優秀なセールスマン
  生命保険の優秀なセールスマンは埋もれていることが多い
  生命保険のセールスを一生続けると言いきれるか
  生命保険のセールスマンをすべて門前払いすることこそ・・・
  生命保険の担当者はベテランに限る!?
  死亡保険の重要性を理解しているか
  生命保険を成績の悪い営業マンから入ると・・・
  生保営業は商品説明や数字の比較が一番簡単で楽
  死亡保障を真剣に考えましょう
  お客が主役であることを理解している生命保険営業マン
  保険営業マンはセールストーク(話法)を学ぶのがお好き
  生命保険営業で競合負けした理由
  逓増定期保険がとうとう・・・

  生命保険加入における商売人とサラリーマンとの違い
  生命保険加入における損得勘定の違い
  生命保険のセールスマンは意外に情報通
  生命保険加入における商売人とサラリーマンの違い 大蔵省編
  経営者の個人保険は重要−相続放棄
  生命保険営業の難しさを理解してくれる人−3代目の意外なコンプレックス
  医療保険・ガン保険などのメディカル系保険商品に興味がない営業マン
  最近のドクターって・・・
  数字の比較ではなく約款の比較
  保険会社を好き嫌いで選ぶ

  生命保険会社1社専属のセールスマン及びその代理店
  生命保険のセールスマンの中での一番の悪役
  生命保険のセールスマンをピッチャーに例える
  生命保険会社を渡り歩くセールスマン
  生命保険業界は甘い
  生命保険外務員から代理店担当正社員への転職
  利益率が高く素人でも販売できる保険商品
  生保営業マンの離職
  生命保険外務員−ヒマなときの時間の過ごし方

  生命保険会社を複数取り扱う生命保険代理店
  生命保険会社を複数扱っているからといって・・・
  生命保険会社を複数扱っているからといって・・・ その2
  生命保険会社複数取り扱い代理店への転職
  生命保険の提案がワンパターン
  乗り合い代理店はややこしい
  リスク細分化(健康体・優良体・非喫煙)の定期保険

  生命保険と損保(損害保険)代理店
  生命保険販売に苦労する損保代理店
  生命保険の難しさから逃げる損保代理店
  生命保険と損害保険(自動車保険など)の違いによるお客さんへの影響
  損保ジャパンの違法販売

  生命保険とファイナンシャルプランナー(FP)
  生命保険の相談はファイナンシャルプランナー(FP)でいいの?
  生命保険の見直しby「さおだけ屋はなぜ潰れないのか」
  生命保険代理店とファイナンシャルプランナー(FP)の違い
  生命保険の専門家?
  生命保険は買い物か?
  ファイナンシャルプランナー失格
  ファイナンシャルプランナーとして転職する
  中立・公正な保険セールス?
  AFP試験−ライフプランとサラリーマンの一生
  FPの試験免除

  生命保険と銀行員
  三井住友銀行が排除勧告
  生命保険会社に転職してくる銀行員の傾向
  生命保険会社に転職してくる銀行員の傾向 その2
  信用金庫→外資系生命保険会社→都市銀行(メガバンク)
  銀行員の意外なエリート意識
  生保外交員に地位はない−三井住友銀行事件
  銀行マンの危険な変額個人年金販売手法−相続税節税対策
  銀行マンから保険営業への転職を阻止
  投信はやっぱり郵便局?

  生命保険と税理士・公認会計士
  生命保険のセールスマンと税理士・公認会計士との戦い その1
  生命保険の税務も勉強してくださいよ、税理士さん
  生命保険のセールスマンと税理士・公認会計士との戦い その2
  生命保険にかかわっている税理士や公認会計士の実情
  税理士の選別 その1
  税理士の選別 その2−コミュニケーション能力
  生命保険販売の参考になる税理士
  会計事務所所長の苦悩
  生命保険セールスにとって都合のいい税理士

  生命保険のセールスレディ
  生命保険のおばちゃん
  生命保険業界を描く「ミナミの帝王」
  生命保険セールスレディへの義理 教師編
  生命保険のセールスマンを辞めたくなるとき

  生命保険の通販(通信販売)
  生命保険加入における自己責任
  生命保険の通販商品について、間違ってはいけないこと
  生命保険見直しの前に偏見の見直し
  生命保険は通販もしつこいですよ
  生命保険で悩み続ける人へ


このページのトップへ▲このブログのトップページへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。